暑い日が続くと、どうしても汗をかいてしまいますよね。

また、冬でも厚着をするので、

電車や室内に入ると汗をかいてしまうことも多いでしょう。

 

特に皮膚が密着している部分は通気性が悪く、

汗をかきやすい上、菌がこもってしまい、

菌が繁殖しやすく匂いが出てしまいやすいのです。

 

体臭で嫌わることほどもったいないことはない

容姿や性格などはほとんど変えることができない部分なので、

努力ではどうしようもならないところなのですが、

体臭は日ごろから清潔にしようと意識すれば、改善できることなので、

それが原因で相手から嫌われたら、もったいないことです。

 

人は自分が思っている以上に、

人の発する体臭に、不快を感じるものです。

 

相手に一度、「この人生理的に受け付けない」「不潔だ」と、
思われてしまうと、

相手からの評価を大きく下げることになってしまうわけです。

 

自分で気づきにくい、自分の匂い

シャンプーを新しいものに変えて、

使い始めると、最初はシャンプーの匂いを強く感じたのに、

使い続けるうちに匂いがわからなくなってきたという経験はありませんか?

 

人は初めて嗅いだ匂いは認識できるのですが、

嗅ぎなれた匂いは認識できなくなってきます。

 

それと同じことが、自分の匂いにも当てはまります。

 

自分が発する匂いは、毎日嗅いでいるものなので、

自分の認知範囲から除外されていきます。

 

日頃から不潔な人は特に注意した方がいいかもしれません。

毎日不潔な状態だと、自分の臭さに気づけないものですね。

 

普段の食事内容によって体臭に差がでてくる

動物性脂肪を大量に摂取する人の汗からは、

特に動物のような臭さを感じてしまうわけです。

 

これは、体内で消化された食べ物が血液に通り、

汗として発散された時に出てしまうのです。

 

日頃からお肉ばかりを食べている人は、

特に体臭に気を付けなければなりません。

 

以前肉しか食べないと豪語していた人と触れ合う機会があったのですが、

近づくだけで、非常に臭かった経験があります。

おそらく自分の臭さは本人は気づいたいないのでしょう。

 

これは社会的評価を大きく下げてしまう要因となります。

 

匂いなどはどうでもいいよってほんと!?

あなた自身が、自分の匂いなんて仕方がないと思っていたとします。

 

あなたは特に人と合わない人であるなら、

それで問題ありませんが、

仕事の付き合いや友人などと付き合う必要性もあるでしょう。

 

自分が行為を思っていても、

何かがきっかけとなって、嫌われてしまうということも、ありうる話です。

 

特に、あなた自身が、「お前臭いなー」と言われても、

特に何も感じない人であるなら、問題はないかもしれませんが、

その相手との距離によっては、その言葉を言われたあなたも、

またその人がきらいになってしまうということになり兼ねません。

 

もともとは、あなた自身が不潔な状態でもいいと、

判断してしまったことが原因となるわけなんですが、